本日 36 人 - 昨日 91 人 - 累計 306545 人
RSS

アレチウリ駆除宮田会場

■■天竜川流域有害植物駆除7.31大作戦/宮田会場終了■■

ご協力ありがとうございます。

 コロナ感染症拡大防止対策を取りながら毎年駒ヶ根会場だけは継続して開催してきた『侵略植物駆除大作戦』ですが、今年は7月9日(土)に宮田会場で駆除作業を再開しました。宮田会場でのアレチウリ駆除は、2019年7月13日(土)以来3年ぶりです。現在の大久保区長さんが副区長の時に苦情の中止決定をしたのをよく覚えています。

集合 早朝、7:00に天竜川右岸大久保橋西詰めに集合したのは、宮田村役場職員・地元大久保区の皆さん・国土交通省天竜川上流河川事務所の職員の皆さん、それと天竜川ゆめ会議会員の約30名です。コロナ過で中止になった2年の間に、この付近には堤防が整備され大久保橋も新しくなりました。コロナ感染症拡大防止措置で中止になっていた数年で、集合場所の風景はずいぶん変わりました。

駆除風景 宮田村役場建設水道課の司会進行で開会式が行われ、大久保区長のあいさつ、天竜川上流河川事務所長あいさつが終わると作業開始です。風景は変わってもよく知っている地域の天竜河原です。地元の皆さんは、手慣れた様子でアレチウリの駆除と漂着ごみ拾いを始めます。河川工事のためでしょうか、2年ブランクがあると思えないくらいアレチウリの数は少なめです。しかし、漂着ごみはいつになく多く感じました。拾ってきた漂着ゴミは分別して処分します。

今日の成果 これからアレチウリの開花、結実前の7月から8月頃が駆除シーズンです。南箕輪村会場、駒ヶ根会場以外にも各地域でアレチウリ駆除作業が行われます。多くの皆さまのご協力により、かつてのアレチウリのいない天竜河原の風景を、取り戻すことができると確信しています。“私たちの大切な宝物「天竜川」を、自信と誇りをもって次世代につなげるため”多くの皆様のご協力をお願いいたします。

文責:侵略植物駆除大作戦実行委員 福澤