本日 77 人 - 昨日 98 人 - 累計 107425 人 サイトマップ

天竜川流域有害植物駆除大作戦7.30大作戦開催のお知らせ

2017年06月19日
■■天竜川流域有害植物駆除7.30大作戦開催のお知らせ ■■

 今年も、アレチウリ駆除にご協力ください。
みんなで、外来植物を駆除して『河川環境』を守りましょう。

 毎年恒例となっております『天竜川流域有害植物駆除大作戦』。
今年の長野県全県統一行動日は、7月30日(日)です。
画像
 アレチウリは、ツルのように巻き付きながら高木をも覆い尽くして枯死させてしまうこと、成長・繁殖力が強いこと、根が残ると再生することから、「まわりの固有在来種や日本に本来生息していた在来植物が根こそぎ駆逐されてしまう恐れがある」として、2006年(平成18年)2月から駆除すべき「特定外来生物」に指定されました。
 天竜川ゆめ会議では、平成14年から天竜川流域の各会場で地域の皆様と駆除活動を展開して参りました。
画像
 流域の皆様のご協力で、駆除活動が広く地域に展開したことから、数年前より各地域の皆様に主体的な活動をお願いし、天竜川ゆめ会議は『黒子』として協力をさせて頂くスタンスをとっています。

 どうぞ皆様、各地域の会場で、また朝晩の散歩の道すがらアレチウリの駆除をお願いいたします。

画像
【アレチウリ駆除の方法】
  ・種を付ける前に抜き取る。
  ・できるだけ小さいうちに抜き取る。
  ・1年に数回抜き取る。
  ・アレチウリが現れなくなるまで数年間続ける。


【各地の駆除会場】
 ■7月 2日(日) 飯田会場 集合:かわらんべ 9:00~11:00
          連絡先 天竜川総合学習館 かわらんべ 0265-27-6115
      ※この日は、川路。龍江・竜丘地区の「外来植物駆除活動」が大規模に行われます。
       奮ってご参加ください。
         
 ■7月 6日(木) 中川会場 集合:①飯沼堤防北端 ②鵜の淵 ③チャオ北側駐車場
          ④中川橋上流右岸堤防 ⑤天竜橋左岸待避所 8:30集合
          河川清掃とアレチウリの駆除を実施します
          連絡先 中川村役場 建設水道課 0265-88-3001

 ■7月15日(土) 宮田会場 集合:大久保橋西詰 7:30~9:00
          連絡先 宮田村役場 産業建設課 0265-85-5863

 ■7月15日(土) 岡谷会場① 集合:岡谷南部中学校駐車場 8:30 集合
           ヒシの駆除を行います。カッパ着用でお願いします。
          連絡先 環境市民会議おかや 0266-23-4811

 ■7月22日(土) 南箕輪会場 集合:アイゼット駐車場 5:50 集合
          河川清掃とアレチウリの駆除を2班に分かれて実施します
          連絡先 南箕輪役場 建設水道課 0265-72-2325

 ■7月22日(土) 岡谷会場② 集合:岡谷市湊地区他
          連絡先 岡谷市南部中学校 0266-22-3243

 ■7月22日(土) 岡谷会場③ 集合:岡谷市釜口水門駐車場 7:30開会
          連絡先 天竜川ゆめ会議岡谷会場実行委員会 0266-23-1671

 ■7月30日(日) 駒ケ根会場 集合:新宮川合流地点 7:30開会
          連絡先 天竜川ゆめ会議駒ケ根会場実行委員会 0265-81-1368


画像

 ※7月30日は、
  長野県全県統一行動日です。
  上記以外にも会場があります。
  最寄りの会場でご協力ください。



2016 天竜川河口にいってきました!

2016年09月18日
■■今年もアカウミガメの放流ツアーに行ってきました■■

画像 2016年9月3日(土)、好天の中参加者35名を乗せた伊那バスは、遠州灘を目指しました。参加メンバーは、リピーターと初参加の方が半々くらいの構成です。今日まで皆さんアカウミガメの赤ちゃんに逢えることをずっと楽しみにしていた様子です。毎年開催日の設定に苦慮するのですが9月3日に設定しました。残念ながら、今年も参加予約者の数家族から「中学校の運動会を忘れていました。キャンセルをお願いします。」、「今朝になって急に子供が熱を題してしまいました。キャンセルをお願いします。」のご連絡を頂き参加人数がちょっと少なめになってしまいました。でも、人数が少ない分座席は広々です。中には一人2シートのだいぶ豪勢なツアーを堪能された参加者もいました。参加人数が少なくて残念ですが、気持ちを切り替えてゆったりとツアーを楽しむことができました。伊那市乗車の参加者をピックアップして、伊那バス本社を7:40に出発したバスは、8:00に駒ケ根市昭和伊南病院で駒ケ根の参加者をピックアップ。飯田インターで待つ参加者は8:40に乗車。一路、恵那サービスエリアに向かいます。

画像 このツアーでは初めて通る、新東名高速道路の開通して間もない岡崎PAで少し休憩をして新東名浜松浜北ICでランプを降り、天竜川沿いに天竜川河口に向かいました。天竜川河口は初めて、という参加者もありましたが、普段見慣れた上流部の天竜川と川幅はだいぶ違います。強い陽の光と、心地よい風が参加者たちを迎えました。コンクリートの堤防の近くには大きな風力発電の風車が4基が大きな音を立てて回り、海に目をやると遠くの砂州に4WDが止まっていて、その向こう側に海原が広がっています。参加者の中には意外に大きな風車の音に驚いている方もいました。天竜川が海と合流する地点を観察した参加者を乗せたバスは、昼食場所の竜洋昆虫観察公園に向かいます。


画像 竜洋昆虫観察公園では、磐田市の職員の皆さんがいつものように迎えてくださいました。早速、研修室でお弁当を広げてお昼です。皆さん銘々に持参したお弁当を頬張ります。食事の後は、昆虫公園の観察です。
 お昼を食べて午後1時からは、研修室で環境勉会。磐田市の職員の方から磐田市の紹介、国土交通省浜松河川国道事務所の職員の方からは天竜川下流部のお話を聞くことができました。


画像 ちょっと難しかった環境学習会を終えて、磐田市、国土交通省の皆さんにお礼を言って、バスは中田島砂丘に向かいます。遠州灘海浜公園の駐車場にバスを止め、参加者は天竜川ゆめ会議ののぼり旗を先頭に、サンクチュアリジャパンの研修室へ移動です。毎年お世話になっているサンクチュアリジャパンのスタッフの方から、アカウミガメが20年かけてアメリカ西海岸まで行ってくる生態や、帰ってくる確率は5000匹に1匹といったお話を聞きました。盗難によってウミガメの卵が盗まれる話を聞きました。進む海岸浸食のために、今日放流したカメたちが20年後産卵に帰ってきたときに、産卵する砂浜が無くなっているかもしれないお話も聞きました。肺呼吸のアカウミガメが呼吸のために海面近くに上がってきて、そこに浮かぶレジ袋をクラゲと間違えて誤食し、死んでしまうお話も聞きました。「おかあさん、レジ袋はやめてマイバック持っていこうね。」


画像 さあいよいよ放流会です。サンクチュアリジャパンのスタッフの後をついて遠州灘の海岸に向かいます。歩きづらい砂浜を歩く信州の子供達。強い海風を受けながら白い波が立つ海に向かって進みます。遠州灘では天竜川の土砂運搬が減少したために海岸浸食が深刻な問題になっていることをバスの中で勉強してきました。今日放流したアカウミガメがお母さんになって帰ってきたときに産卵する砂浜が残っているように、今年も堆砂垣に上流から持参した「砂」をプレゼントしました。
画像 海岸に一直線に並んだ参加者の手には、先ほどスタッフの方から渡されたアカウミガメの赤ちゃんが手足をバタバタさせています。自分の顔の前に子ガメを持ってきて写真を撮ってもらう子供達。目はキラキラ輝いています。初めて触ったアカウミガメの赤ちゃんの感触。「ちょっと硬い。」、「ぷにゅぷにゅしてる。」、「おなかと甲羅を持つとバタバタ飛ぶような恰好をする。」感想はそれぞれです。

画像 「放流してください。」の声で、子ガメが放たれます。一心に海に向かって歩いてゆく子ガメ。参加者は、自分のカメを目で追います。砂浜に書かれた線より前には行かない約束です。子ガメを追いかけることはできません。助けに行って海に放すこともできません。ただ、頑張れと応援するだけです。海に入って、波に押し戻されて陸に戻ってしまうカメ。なかなか海にたどり着けずに斜めに海に向かっていくカメ。波でひっくり返ってジタバタもがいているカメ。やがて、子ガメたちは波にのまれて海に旅立っていきました。これから、彼らの長い長い旅が始まります。雄のカメは、今日を最後に二度と砂浜に上がることはありません。参加者の皆さんはカメが見えなくなっても、しばらく海を眺めていました。

画像 「バスに戻って帰るよ~。」の合図で参加者の皆さんは浜辺を後にします。中にはまだ、遠い海原を眺めている子供もいます。長いアカウミガメの冒険の旅を想像しているのかもしれません。
 帰路も、新東名高速道路のルートで新しい浜松SAでお土産を買いこんで皆さんは帰路につきました。ズートピアの映画を見ながら。

画像 今年も多くの方々にご参加いただいて事故もなく無事ツアーを終えることができました。アカウミガメの小さな命、それを取り巻く自然環境の変化。今日1日、参加者の皆さんは多くの事を体験し、考え、心に刻んで頂けたと思います。大切な自然環境の保全のために、一人一人が出来る事から始めることが大切だと感じます。ご参加、ありがとうございました。









『天竜川流域有害植物駆除7.31大作戦』中間報告

2016年07月17日
■■アレチウリ駆除活動中間報告■■

 7月31日の長野県統一行動日に向けて、各地で『天竜川流域有害植物駆除大作戦』が繰り広げられています。在来植生を淘汰する有害帰化植物駆除の、天竜川上流域における状況を中間報告します。

■7月1日(金)岡谷南部小学校とコラボ企画
画像 岡谷市南部中学校生徒会と育成会の合同説明会の風景です。諏訪湖釜口水門にいちばん近い中学校である岡谷市南部中学校の生徒会が主体となってアレチウリ駆除を行い始めて3年になります。今では駆除作業や河川清掃がPTAや地区の育成会までを巻き込んだ年中行事になりました。私たちのめざす「自信を持って天竜川を次の世代に引き継ぐ」ためにも、このような若年層の育成は肝要です。岡谷地区実施日は7月23日(日)になります。多くの皆様のご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

追伸:16日(日)は、環境市民会議おかや主催の諏訪湖のヒシ駆除の日です。ご協力いただける皆さんは8時20分には南部中駐車場に集合して下さい。毎週で申し訳ありません。よろしくおねがいします。                         岡谷会場実行委員長 菰田 靖子


■7月3日(日) 飯田会場の様子
 飯田会場の駆除作業が終了しました。画像天竜川ゆめ会議が火付け役で始めた駆除作業も、今では飯田市主体で行うようになってすでに5年が経過し、市民全員での取り組みが定着してきました。
 アレチウリ駆除のみの参加は、子供含め参加者は10名程度でした。天竜川総合学習館『かわらんべ』の事業に便乗した形で行ったことが、参加者数にどう影響したのか分かりませんが、天竜川ゆめ会議としての参加者は私ひとりだったことから、黒子に徹する画像申し合わせの通り、これで良かったのではと思います。
 写真にあるように作業終了後には、天ぷらやおしたし等のアレチウリ料理を全員で食べ、和気藹々とした雰囲気の中で終了しました。大変な作業でしたが、充分皆さん楽しめたようです。

※写真をクリックして見え下さい。自信作のアレチウリ料理が拡大で見られます。
画像  画像  画像
追伸、私事ですが、蜂に刺され手の甲がパンパンに腫れ上がってしまいました。本日中に受診する予定です。今年は暖かいせいもあって蜂の動きが俊敏です。他会場でも作業に注意するように呼びかけをお願いします。                      飯田会場実行委員長 吉川 篤


■7月7日(木) 中川会場の状況
 ご苦労様です。
中川会場ですが、無事終了しました。参加人数は61名です。中川村役場から各地区1名の動員がかかったようです。行政が主体で実施するとこれができます。賛否は別です。
 今年は、アレチウリ繁茂が非常に激しく、除去に苦慮しました。今回より、中川村主催、天竜川ゆめ会議協賛としたため、少し遠慮して先導しての駆除が強くできず、少し作業の段取りがうまくいかない部分もありました。また、アレチウリを知らない方が多く、1時間20分で、すべて駆除しきれない状態で時間切れとなりました。下流の方々には、中川の除去できなかった分来年には流れていきます。申し訳ありません。
 来年以降も平日になるようです、7月の第一水曜日または木曜日になります。今から来援の予定にお願いします。                        中川会場実行委員長 片桐 孝


■7月9日(土) 宮田会場雨のため中止

■7月16日(土) 岡谷会場の様子①画像
 環境市民会議おかや主催のヒシの駆除作業が行われました。参加者は、岡谷市で手配の通称“ドロブネ”に乗り込み手作業でヒシを諏訪湖から引き抜きます。雨カッパを着ていますが、ヒシについた水と汗でカッパの中はぐちょぐちょです。
 乗船待ちの皆さんにアレチウリ駆除の方法をご説明して諏訪湖畔のアレチウリ駆除も行いました。中には、アレチウリとフジヅルを間違えている方も見受けられましたが、充分成果は上がったと思われます。

画像 来週は、釜口水門周辺です。

 よろしくお願いします。

    岡谷会場実行委員長 菰田 靖子









画像










ウミガメの放流に行きませんか?

2016年07月01日
■■アカウミガメ放流体験!参加者募集開始■■ 
~天竜川河口 遠州灘を訪ねて~


 今年もアカウミガメの放流体験ツアーを企画しました。ぜひ、ご参加ください。

 画像危険を顧みず、一心に海を目指す子ガメ。波に何度も何度も押し戻されながらも、懸命に沖を目指して泳ごうとする子ガメたちを見ていると、いったい何がそうさせているのだろうと考えさせられます。彼らは、生まれた時から生き抜くためには懸命でなければならないことを知っているのです。懸命であるがゆえに、その光景は私たちに感動を与えてくれます。
 天竜川下流部の遠州灘で今、何が起こっているのか。産卵に来る母アカウミガメ達の危険、さらに産卵場所になっている砂浜の海岸侵食。小さな動物達の営みに危険を与えてしまった人間の生活、ついには自分たち自身の生活圏を脅かすこととなった海岸侵食の事実を見聞し、下流に暮らし活動を続けている人々との交流を通して、天竜川上流部に住まうものの態度と行動を模索することを目的とします。 <ツアーチラシ>

【開催日時】

     放流ツアー開催日 平成28年9月3日(土)
      事前申し込み 平成28年8月24日(水)まで


   ※雨天が懸念される場合は8月29日に倉田事務局長の判断で順延・中止の判断をします。
    その旨は、ホームページ掲載と参加者の皆さんに直接ご連絡いたします。
    また、道路事情により帰省時間に遅れが生ずる場合があります。御了承下さい。

【実施内容】
画像

a)日 程: ~天竜川河口の遠州灘を訪ねて~
   7:30 岡谷IC    出発
   8:00 伊那IC    乗車
   8:20 昭和伊南病院  出発  
   8:30 松川営業所   乗車
   8:50 飯田IC    乗車
   9:40 恵那SAで休憩、出発。画像
      ・本日の予定説明。名札作成。
      ・車内で“恒例、天竜川カルトクイズ”
   11:30 天竜川河口到着(磐田市側左岸)
      ・天竜川と遠州灘の現状を見学
   12:10 竜洋昆虫自然観察公園 到着
      ・昼食(各自お弁当を用意してください。)
      ・竜洋昆虫自然観察公園見学。(各自)
   13:00 磐田市竜洋昆虫自然観察公園で環境学習会
14:00 バス移動。中田島砂丘へ
   15:00 アカウミガメ生態勉強会  協力:サンチュアリNPO
   16:00 アカウミガメの赤ちゃん放流画像
   16:30 遠州灘出発。
   18:30 途中恵那SAで夕食。(各自)
   19:30 飯田・松川・駒ヶ根・伊那 随時解散。
   21:30 岡谷解散。
※行程は実施予定であり、時間などは変更する可能性があります。

 b)持ち物:お弁当、筆記用具、帽子、タオル。(着替え)
      必要な人は、水筒、間食・おかし、お小遣い等持参。画像

 c)食 事:昼食は各自でお弁当の用意。
     (昼食のためのSA停車はしません。)
      夕食は、各自負担で高速道路サービスエリアで
      取ります。

 d)その他:事前申込は 8月24日(水)まで。
     ※参加申込書に必要事項を記入の上、必ずFAXで事務局宛にお申し込みください。
      参加申込み用紙は、トップページの[アルバム]→[参加申込書]から取り出せます。
      うまくいかないときは、ここをクリックしてみてください⇒参加申込書

     ※個人情報は当会主催の企画のみに使用いたします。
     ※海岸浸食が進む中田島砂丘に、上流の「砂」をプレゼントしたいと思います。
      少しだけで結構です。ご用意ください。
  
 
 e)連絡先:事務局 駒ヶ根市赤穂14616-67 ㈱緑地計画内画像
       ℡0265-83-7744 Fax0265-83-7745
                 事務局担当 福澤 浩



【募集人数】

 小学校3年生以上60名。
 引率者付きのグループによる参加が条件となります。
 傷害保険加入のため事前予約必要です。先着順定員になり次第終了します。

【主  催】

 特定非営利活動法人 天竜川ゆめ会議

【旅行企画】

 長野県知事登録旅行業第2種第309号 伊那バス㈱ 長野県伊那市西町5208番地

□学生ボランティア募集!
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

   ツアーに同行可能な学生ボランティアを募集中です。
   お手伝い頂けるボランティアの方は事務局までご連絡ください。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□








天竜川流域有害植物駆除7.31大作戦のお知らせ

2016年06月03日
■■天竜川流域有害植物駆除7.31大作戦開催のお知らせ ■■

 今年も、アレチウリ駆除にご協力ください。
みんなで、外来植物を駆除して『河川環境』を守りましょう。

 毎年恒例となっております『天竜川流域有害植物駆除大作戦』。
今年の長野県全県統一行動日は、7月31日(日)です。

画像 アレチウリは、ツルのように巻き付きながら高木をも覆い尽くして枯死させてしまうこと、成長・繁殖力が強いこと、根が残ると再生することから、「まわりの固有在来種や日本に本来生息していた在来植物が根こそぎ駆逐されてしまう恐れがある」として、2006年(平成18年)2月から駆除すべき「特定外来生物」に指定されました。
 天竜川ゆめ会議では、平成14年から天竜川流域の各会場で地域の皆様と駆除活動を展開して参りました。

画像 流域の皆様のご協力で、駆除活動が広く地域に展開したことから、数年前より各地域の皆様に主体的な活動をお願いし、天竜川ゆめ会議は『黒子』として協力をさせて頂くスタンスをとっています。

 どうぞ皆様、各地域の会場で、また朝晩の散歩の道すがらアレチウリの駆除をお願いいたします。



【アレチウリ駆除の方法】画像

  ・種を付ける前に抜き取る。
  ・できるだけ小さいうちに抜き取る。
  ・1年に数回抜き取る。
  ・アレチウリが現れなくなるまで数年間続ける。


【各地の駆除会場】

 ※アレチクリ駆除地区別チラシは[アルバム]からダウンロードできます。こちら→リーフレット

■7月 3日(日) 飯田会場 集合:かわらんべ 9:00~11:00
          連絡先 天竜川総合学習館 かわらんべ 0265-27-6115
      ※この日は、川路。龍江・竜丘地区の「外来植物駆除活動」が大規模に行われます。
       奮ってご参加ください。
         
■7月 7日(木) 中川会場 集合:①飯沼堤防北端 ②鵜の淵 ③チャオ北側駐車場
          ④中川橋上流右岸堤防 ⑤天竜橋左岸待避所 8:30集合
          河川清掃とアレチウリの駆除を5班に分かれて実施します
          連絡先 中川村役場 建設水道課 0265-88-3001

■7月 9日(土) 宮田会場 集合:大久保橋西詰 7:30~9:00
          河川清掃とアレチウリの駆除を5班に分かれて実施します
          連絡先 宮田村役場 産業建設課 0265-85-5863

■7月23日(土) 岡谷会場① 集合:岡谷南部中学校駐車場 6:50 集合
          連絡先 岡谷市南部中学校 0266-22-3243

■7月23日(土) 岡谷会場② 集合:岡谷市釜口水門駐車場 7:30開会
          連絡先 天竜川ゆめ会議岡谷会場実行委員会 0266-23-1671

■7月30日(土) 南箕輪会場 集合:アイゼット駐車場 5:50 集合
          河川清掃とアレチウリの駆除を5班に分かれて実施します
          連絡先 南箕輪役場 建設水道課 0265-72-2325

■7月30日(土) 辰野会場 集合:羽場 めがね橋 8:00~9:00
          連絡先 うっちゃり大作戦事務局 0266-41-3553 垣内

■7月31日(日) 駒ケ根会場 集合:新宮川合流地点 7:30開会
          連絡先 天竜川ゆめ会議駒ケ根会場実行委員会 0265-81-1368

■9月 4日(日) 辰野会場 集合:水処理センター南(みなちゃん広場) 
          8:00~ アレチウリ駆除作業、若葉採取
          10:00~ アレチウリ試食会(天ぷら、お浸し、チャーハン、その他)
          連絡先 食っちゃえ大作戦事務局 0266-41-3553 垣内

画像
 ※7月31日は、
  長野県全県統一行動日です。
  上記以外にも会場があります。
  最寄りの会場でご協力ください。





次の5件 >>