本日 68 人 - 昨日 103 人 - 累計 153815 人
■■河川協力団体に指定されました■■

ごあいさつ 去る3月19日、国土交通省天竜川上流河川事務所において河川協力団体の指定証授与式が行われました。
河川協力団体制度とは、自発的に河川の維持、河川環境の保全等に関する活動を行うNPO等の民間団体を河川管理者が支援するものです。河川協力団体としての活動を適正かつ確実に行うことができると認められる法人等が対象となり、河川管理者に対して申請を行い、申請を受けた河川管理者は、適正な審査のうえ、河川協力団体として指定します。

集合写真 河川協力団体は、次のような活動を行います。

①河川管理者に協力して行う河川工事又は河川の維持
②河川の管理に関する情報又は資料の収集及び提供
③河川の管理に関する調査研究
④河川の管理に関する知識の普及及び啓発

 私ども天竜川ゆめ会議は、日常より自発的に河川環境の保全、河川への住民の意識高揚等の活動を展開しています。この度、河川協力団体にご指定いただけたいうことは、私共の団体の資質、能力、そして日頃の活動を河川管理者が、また広く一般市民の皆様に御認め頂いたことだと感謝しています。河川協力団体のご指定により、法律上の位置付けがなされ、私共の活動はさらに促進され活発になるものと考えています。今後も、天竜川ゆめ会議の活動に、御支援とご協力をお願いいたします。

指定書表      指定書裏
河川協力団体指定書



■■長野県庁へ『手づくり郷土賞』受賞報告に行ってきました。■■

建設部長へ報告 去る1月15日付けで受賞した国土交通大臣表彰『手づくり郷土賞』の受賞報告のため、当会福澤代表理事と沖村理事が県庁を訪問しました。建設部砂防課、田中課長、柳瀬企画幹、細川補佐に受賞報告を行い、河川課では宮原課長、蓬田企画幹、いつものメンバー江守係長や高橋技師にも報告しました。宮原河川課長の引率で、建設部長室で北村建設部長と面会しました。北村部長からは、「私が課長補佐の頃から一緒に取組んできた”天竜川ゆめ会議”の受賞は本当にうれしいことだ。今後もさらに積極的な活動を展開して欲しい。」と激励のお言葉を頂戴しました。福澤代表理事からは、来る19日には、中部地方整備局より『河川協力団体』の拝命をいただける旨が併せて報告されました。
 その後、小林建設技監、坂田企画幹を訪問して報告を行いました。

 県議へ報告 議会棟2階で待ち合わせした駒ヶ根市選出の佐々木県会議員と伊那市選出の向山県会議員にも報告に伺いました。両県議からは、「行政に対し、適切な助言・提言を行っている”天竜川ゆめ会議”のようなNPOが必要だ。今後も行政との協働による、先進的な活動を継続して欲しい。」と御言葉を頂戴しました。

 今後も、天竜川ゆめ会議は地域の皆様のご協力を頂きながら、私たちの宝物である”天竜川”を、自信と誇りを持って次世代に引き継いで行く活動を展開して参ります。皆様のご協力をお願いいたします。